雪さんの主訴(20才)

常にフラフラして起きていられない、過呼吸(毎日ある)

●その他の症状

めまい、頭痛、手足の冷え(血が通ってない感じ)、熱がこもってる感じで辛い(特に夏)、首こり、体力がぜんぜんない、左胸が痛い、お腹がかなり痛い(婦人科系の痛み)→薬が効かない、お風呂に入る体力がない。生理不順。(前回3ヶ月前)、生理痛。体調が崩れると不安が大きくなる。

起きてる:イスにもたれかかってる:寝てる=2:3:5。

日常生活で困ってること

・体調があちこち悪くて何もできない。いっぱいいっぱい。

・学校を休んでる。

・予定を入れれない。

●治療のゴール

最初の頃は雪さんの体調が悪くてゴールの話はできませんでした。ゆくゆく話を聞けたらいいなと。まずは体調をラクにすることを優先しています。

初回に雪さんのカラダを診て感じたこと

・真夏に来てくれたんですが、足の裏が冷えて汗を書いていたのが気になりました。自律神経や体調を崩してるときはこういう状態になりやすいので、毎回チェックをして様子をみたいなと思いました。

・コリは首や腕、背中や腰も筋っぽいコリがあったので、しっかりほぐしていきたいなと思いました。触った感じお灸が効きそうな背中だなと。ふくらはぎもスジっぽい硬さが部分的にあるので、小さなコリも1つ1つ改善したいなと。

・お腹の硬さや、ショーツラインのコリ、ウエストのくびれ部分のコリが強くあったんですが、ここの部分を触ると雪さんがくすぐったがるんですよ(笑)でも私としてはどうしてもここに治療をしたい!ということで、うまく工夫をしながら治療をしようと思いました。

・雪さんは体調が悪くて体力はないんですが、トーク力があったのでこれは良かったと思いました。治す力が弱いわけじゃないと思いました。

・良い悪いではなく、交感神経が少し高まりやすいタイプかなと。自分の特徴を知って、うまく休息を入れたり生活の仕方を工夫することで、良い感じで自分の体とうまくやっていけるんじゃないかなと思いました。

治療頻度と症状の変化

・7~10日おきのフルコース治療×12回。

・10~14日おきのハーフコースの治療×9回。

1回目の治療

上記の症状

2~4回目の治療
症状に変化なし。

5~10回目の治療

・頭痛が一番気になる。

・体調が悪いと過呼吸になる。

・鼻が落ちる感じ、痰。

・フラフラ減ってる。

・過呼吸も減ってる。(過呼吸の薬減った。)

・髪を切りに行けた。

・シャワー入ったあと、少しラク。薬を飲まなくていい。

・本屋さんに10分くらい行けた。

・出かけた次の日は一日寝てる。

・久しぶりに病院以外に車で買い物に行った。

・若干、起きてる時間が増えた。寝てる:起きてる=6:4。

11~15回目の治療

・一日10分歩く。

・ハンズクラップをはじめる(運動)。

・吐き気。

・たまにフラフラ過呼吸。

・「全体的にいい。」と雪さんが言ってくれる日が出てくる。

16~22回目の治療

・たまに胃もたれ、食欲ない。

・セルフお灸で熱さを感じるところが出てくる(良い兆候)。

・フラフラがたまにある。

・外に出たり、慣れないことをすると体調を崩す。

・5000歩以上歩く日が出てくる。

・たまにいろんな不調が出る。

23~35回の治療

・たまにいろんな不調が出る。(頭痛、左胸の痛み、、、)

・友達と遊ぶようになる。遊ぶ約束に緊張するからか、遊ぶ前に体調を崩す。
遊んだあと5~7日で回復。

36~56回以降の治療

・生理痛がまったくない日が出てくる。

・生理が遅れない時が出てくる。遅れても2~3週間くらい。

・生理痛の薬を飲まない日が出てくる。

・友達と遊びに行ったら、2~3日で回復。

・友達と遊んで疲れない日があった。

・資格の勉強をはじめる。

・一人で外出するようになる。

・起きてる時間の方が圧倒的に多い。寝てる時間が減った。

・過呼吸は基本的には起きない。

・フラフラはたまになる。

治療の経過から感じること

雪さんは気持ちが不安になると体調を崩すということが多いことに気づいてから、どうやって不安とうまくやっていくか?ということがカラダの治療以外の大事な取り組みになりました。

基本的には治療に来たときはいろんな話をしますし、家で何か気になったり心配になったときはいつでもLINEでやり取りをしています。あとはLINEボイスを使ったりして、ちょっとでも気持ちがフラットに戻ることを一緒に探しながらやっています。

治療にずっと通ってると「自分が良くなってるのかわからない。」という事もあると思うんですが、私が雪さんをみてて感じるのは、徐々に出来ることや行動範囲が広がってるなと。そして回復力が上がってます。これが私としてはとても嬉しいです。外出した後の不調からの回復が早くなっています。


雪さんは体調が悪くて寝てる状態から、不安がありながらも10分間の散歩にチャレンジしたり、運動やストレッチをはじめたり、そのうちに友達とパンケーキを食べに行ったり、花屋さんをまわったり、一人で映画に行ったり、新しく買った服の話をしてくれたり、資格の勉強はじめたり。

私は段階を踏んだ変化をみせてもらってるので、「変わっていってるな〜。」って、しみじみ嬉しさと一緒に感じています。

今後の治療としては、体調の安定を目指して治療を進めることと、雪さんが「そういえば出来た!」という感じで、なんとなく、それとなく、やりたい事をやれる体つくりのお手伝いがしたいと思います。