当院の治療スタイル

●当院はハリとお灸を使った治療です。
体を元気にする治療と、心を元気にする治療をやっています。
●体の治療は、体の中の隅々まで治療をしていく全身治療です。
自律神経の改善に力を入れています。

全身治療の内容

・自律神経改善
・体質改善
・不調がある内臓の改善
・ホルモン改善
・全身のコリ改善
・血流改善
・冷え改善
・痛み改善
・精神的な症状の改善
・歪みの改善
・体力気力を改善
・その他あなたの症状に合わせた治療

治療する場所

手や足、ショーツライン、お腹、肩、デコルテなど全身を治療。

ハリ

ハリは体質や症状にもよりますが、通常は表皮0.2㎜~2㎝くらいの深さのハリをします。ハリが怖かったり敏感な方は徐々にハリ数を増やしたり、刺さないハリを使ったりお灸に変えたりして、あなたに合った治療をします。

ハリを刺したままにする時間は、各箇所10〜15分です。

お灸

お灸にも力を入れています。お灸は熱さを感じにくい鈍感なツボを探してお灸をするため、熱くないです。(これが自律神経にいいお灸)。痕も残りません。


ツボ

当院は東洋医学をベースにした治療です。東洋医学は自律神経の乱れを改善したり、体力気力を上げたりすることが得意な治療だからです。ツボは体に365個あります。ツボは内臓と繋がっていたり、体のさまざまな働きと繋がっています。

なぜ、はりきゅうが良いの?

薬は症状を一時的に対処するための治療です。はりきゅうは体質を改善して症状がでない体をつくる治療です。体質が改善すると体が丸ごと変わります。自律神経が乱れるとあちこち具合が悪くなります。この辛い症状が1つ1つが改善に向かうということです。

実際のお客さまの声をご覧ください。

「パニックになってから発作がくるのが不安だったり、それがきっかけで寝れない日が続いて、肩コリ、頭痛、食欲がない、疲れてるなどいろんな症状に悩むようになりました。それと同時に今まで元気だった自分が電車に乗れない、外出が難しいなど出来ないことが増えていって、気持ちもどんどん落ち込んでいきました。

治療で嬉しかったのは体調が良くなることで発作の不安がグッと減ったことと、これをきっかけに他の症状も少しづつ良くなっていったことです。

さらに元気になると今まで前向きになれなくて諦めていた電車や外食、旅行、仕事などに勇気を出してチャレンジするようになりました。

実際に外食ができるようになったお客さんと!

パニックになる前は、あれこれ我慢するのが当たり前のタイプだったんですが、自分の体も気持ちも大事にするようになりました。今は前よりもリラックスして自分らしく過ごしています。ストレスがパニックの原因だと感じていたので、自分を根本から変えることが出来て嬉しいです。」 

はりきゅうが怖い


はりきゅうは良さそうだけど「痛そう!熱そう!」こんな不安ありませんか?大丈夫です。当院は痛くない・熱くない治療がモットーです。なぜなら怖くて緊張する治療は、自律神経を乱して逆効果だからです。


こちらのお客さまの声をご覧ください。

「病院と違って、痛かったり我慢しないといけないことがないので、リラックスして治療が受けれました。ハリもお灸も痛くも熱くもないので、本当に効くの?これがはりきゅうなの?と思いましたが実際には効きました。」 

痛くも熱くもない治療で、どうして効果が出るの?

東洋医学はカラダの中の全ての臓器を五臓六腑(ごぞうろっぷ)という、5つのカテゴリーにわけます。この五臓六腑がバランスがとれていれば健康。崩れていると不調がでます。崩れたバランスを元に戻すのがはりきゅうです。このバランスというのはまさに自律神経です。

病院の治療は悪いところ狙って強いアプローチができる治療です。このため良くなるのが早いです。ただ乱れた体のバランスは治療していないため人によっては良くならなかったり、根本的に改善せずぶり返したり、ときに副作用が出ます。

はりきゅう治療は体の中のバランス(自律神経)を整えることで、自分の体を自分のチカラで治せるようになります(自然治癒力アップ)。この結果、根本から不調を改善することができます。

はりきゅうの科学的メカニズム

・ハリやお灸の刺激が脳に伝わることで自律神経が整います。

・ハリをするとモルヒネに似た鎮痛物質が脳から放出。痛みが改善します。

・幸せホルモンのオキシトシンが出ることで、体と心の緊張が改善自律神経が整います。

・ツボという体の中と繋がってる治療点を刺激することで、自律神経を介して内臓の不調が改善されます。

あなたと一緒に作る心のケア

私はカウンセラーではありません。ただ自分の経験や日々の治療から心をケアする重要性をとても感じています。

私があなたに出来ることはあなたがチャレンジしたいことや、心のケア一緒に見つけ出して、それを仲間としてサポートしたり一緒にチャレンジをすることです。

あなたのチャレンジや心のケアこそが揺るぎない、心と体そして人生の特効薬です。


こんな方いませんか?

・「自由に外出できたり公共機関に乗れて、どこまでも遠くに行けたら楽しいだろうな。」

・「気にせず外食ができるようになって、雑誌にのってるお店に家族や友達と行けたら最高だな。」

・「カフェが好き。一人で気楽に行って本を読めるようになりたいな。」

・「家族や友人と〇〇旅行に行きたい。一人旅も行ってみたい。」

・「また夫とデートをしたい。〇〇に一緒に行けたら嬉しいな。」

・「働きたい。私も社会にでる充実感がほしい。自信をつけたい。」


他にこんな気持ちがある方いませんか?

・「自分の本当の気持ちを吐き出してみたい。」

・「いつも何か我慢してる、でも何に我慢してるかわからない。自分を知ることが今の私に必要かも。」

・「楽しくない、自分の人生を生きてる感じがしない。この悶々とした気持ちと不調って関係があるかも。」

・「生きづらい。この生きづらさがずっとストレスになってる。でもどうしていいかわからない。」


今までの具体例

・電車に乗って一緒に海にいく。

・一緒にスープカレーを食べに行く。

・自律神経を整えに一緒にサウナに行く。

・道内サウナ旅。

・一緒に買い物に行く。

・家族旅行に海外に行くためのサポート。

・友人と国内旅行に行くためのサポート。

・働くをサポート。

・2人で赤裸々に話す本の感想会。

・ココロのくじ引き。

・自分が好きになる占い遊び。

・心を元気にするタロット遊び。

・Lineボイスで不安解消。

・自分を褒めるシート。

・一緒に飲みに行く。

・散歩。

・たこ焼きパーティー。

・その他いろいろ。

チャレンジするまでの流れ(Aさんの例)

「電車に乗って一緒に海にいこう!」


Aさんは当初パニック障害で、スーパーに行くのが大変だったり、電車に乗れなかったり、体調が不調になりやすくて友達と会う約束ができないような状態でした

Aさんにはじめて会って話を聞いた印象は、気を使うことができる優しい方。そして我慢強い。その分我慢してることが多そうでした。また言いたいことが言えず、これも我慢に繋がっている感じがしました。

①赤裸々おしゃべりで自分の望みを知る!

Aさんとは治療の中でいろんな話をしました。体の話だけじゃなく、ふだん頭に浮かんでくる言葉、辛いこと、腹が立ってること、泣きたいこと。今までのこと。

子供の頃、大人になってから。他にも好きなこと、好きな食べ物、行ってみたいとこ、好きな映画、興味があること、楽しかったドラマの話。

時には一緒に好きな音楽を治療中に聞いたり。こうやって話してるうちに、Aさんの心の中にある本当は〇〇したい!という望みがみえてきました。


②何がストレスなのかを知る!

Aさんは家族を大事にする人だということがわかってきました。それゆえ家族に対して具合が悪いことを遠慮して言えない。Aさんはこれにストレスを感じていました。本当は頼りにしたい家族に頼れない。だから不調でも頑張って家事をする。

「どうしたらいいだろう?」これについて2人でいろいろ話し合いました。今自分はどんな気持ちなのか?本当はどうしてほしいのか?どんな選択肢があるのか?そこで出た答えは「家族に話す。」Aさんにとって勇気がいるチャレンジでした。

このチャレンジはうまくいき、体調が辛い時はムリをして家事をすることもなくなりました。Aさんの我慢が減ったことで気持ちが安定してきました。このような感じで日常の中で出来るチャレンジを重ねました。

③チャレンジを重ねる!

Aさんの心のストレスが減ったり、定期的な治療やセルフメンテナンスで体調が少しづつ良くなっていきました。それと同時に今まで苦手だったスーパーなどにチャレンジするようになりました。

不安なことに「どうしたらチャレンジできそうか?」一緒に話し合いました。まずは近くのコンビニからチャレンジすることに。コンビニに入れなくてもコンビニの前まで行って帰ってくる。これが出来たらLINEでうれしい報告会。そして一緒に達成を喜ぶ。こんな感じでさらにチャレンジを重ねました。

④海も行けた!

ある程度日常生活に支障が出なくなった頃、Aさんが「電車に乗りたい。」と言ったんです。そこで「一緒に電車に乗って近くの海に行く。」というチャレンジをすることになりました。すぐに海に行くのは難しそうだったので、はじめはいつ降りてもいい!と決めて、電車に2、3駅乗ってカフェに行くことにしました。これが達成できると次に海へチャレンジ。今までの下積み時代が長かったせいか、すんなり海へ到着しました。

Aさんの気持ちの変化。

Aさんはそれから少しづつ行動範囲を広げていきました。一人で電車に乗ったり、友達と会ったり。Aさんは以前はいろいろ出来なくなった自分を悲しく思ってることが多かったんですが、今は出来ても出来なくても、自分が変わっていくことを楽しんでいます。

チャレンジと目標ついて

その目標は、本当に望んでること?

「これをしたい!」という目標があると、今はムリだと思うようなことでも人は目標に引っ張られます。ただどんな目標でもいいわけじゃありません。本当にあなたが欲してる目標じゃないと叶えていく力が弱いです。


本当に欲していることは意外に自分でもわからないことが多く、ポジティブブロックがかかっているとイメージ的に良いことを目標にしやすいです。こうなるとモヤモヤとした違和感の中でムリに頑張ろうとするのでうまくいきません。目標はキラキラしてるものばかりじゃないと思います。

「背伸びしない自分で人と接せれるようになりたい。」とか、「人に気持ちを伝えられるようになりたい。」とか。自分にしかわからない心の変化を求めてる場合もあると思います。自分が何を求めてるのかを知るのにオススメなのは、赤裸々おしゃべりです。

どんなことを一緒に話してるか?

いろんな話をしています。好きなこと、嫌いなこと、不安なこと、本当は我慢してること、実はやってみたいこと、親の話、過去の話、どん底でカッコ悪い話、地に足がついてない話、だっさい話、世間的てきにダメだと言われる話、正論じゃない話、、、。なんでもありです。私ももちろん話します!


私が大事にしてること。

「それとなく」、、、「それとなく話し、それとなくチャレンジし、それとなく出来ちゃった!」チャレンジするときは、頑張って気をはることもありますが、基本はリラックスして楽しく出来たらなと思っています。


50:50、、、人によっては近くのコンビニに行ったり、お皿を洗ったり、玄関の外に出たり、いろんなチャレンジがあります。「勇気を出したら出来るかもしれない!?」というような、50対50で不安と期待が入り混じるくらいのチャレンジが目標として良いかな!と私は思っています。

セルフお灸

当院ではあなたが自分でできるセルフお灸のアドバイスをしています。やり方は簡単で手間もかかりません。治療の中でお灸をする場所に私が印をつけます。はじめての方はお灸の簡単なやり方もお伝えします。

セルフお灸は強制ではありませんが、当院では95%以上の方がやっています。これはお灸の良さを感じているからです。

セルフお灸をやる目的

・症状を改善するため。

・治療効果を維持、アップするため。

・治療効果の高いセルフメンテナンスを覚えていただくため。

セルフお灸

お灸の用意

お灸は当院でも販売してます(せんねん灸)。ドラッグストア、ネットなどで自分で用意していただいてもいいです。せんねんきゅうの商品は、当院が一番お安く買えると思います。


「セルフお灸をやったことがあるけど、効かなかった!」という方へ。


お灸はあなたに合ったツボにお灸をすることで、はじめて効果がでます。このため本やネットで調べて自分の不調に合ったツボにお灸をしても、効かないことがあります。本は万人向けです。

当院では治療の中で、あなたに効くツボを探すコツも少しづつお伝えしていくので、治療に通いながら効くお灸を覚えることが出来ます。

お灸をやる時間がない方へ。

10秒あれば出来る火を使わない、貼るだけのお灸もご用意しています。

治療の流れ

お着替え
はりきゅう用の治療着に着替えます。(フリーサイズ、3L)
ショーツ以外は全て脱ぎます。

カウンセリング。
・気になる症状をチェック。
・日常生活で何に困っているか?
・治療のゴール。
・その他、内臓の不調や、冷えやコリ、生理の状態などもチェック。
・心のストレスをチェック。
・その他

あなたの体の状態を調べる。

・脈診(みゃくしん)

それぞれの内臓が元気に働いているか?冷えはあるのか?体が緊張してないか?などを東洋医学的に調べます。あなたにどんな治療があっているのか?これも脈を参考にします。


・腹診(ふくしん)

冷えてる、硬い、力がない、ガスで張ってるなどお腹の状態を調べます。


・触診(しょくしん)

カラダ全体を触って、改善した方がいいポイントを探していきます。


はりきゅう治療
治療ポイントを見極めながら、あなたの体に合わせてハリとお灸を使い分けて
治療をしていきます。(心を元気にする治療は、治療中に同時進行でやることが多いです。)


・手足の治療。

手足には体質を改善したり、あなたの不調を改善するツボがたくさんあります。
気持ちを整えるツボもあります。このため手足に症状がなくても治療をしていきます。

・コリの治療。

全身のコリを改善します。コリの自覚症状があなたになくても、奥に隠れてるコリを発見したら丁寧にほぐしていきます。
コリは血流の防波堤です。全身の血の巡りを良くて健康な体を作ります。

特にショーツライン(そけい部)のコリの改善は、胃腸の不調、婦人科疾患、
腰痛、冷えに良いです。

首肩まわりのコリの改善は、自律神経を整える効果もあります↓

背中のコリの改善は精神的なストレス、自律神経の乱れ、胃腸の不調を改善します。背中の真ん中辺りの苦しさやコリを感じてる方は、心の緊張などで胃腸に負担がかかってることが多いです。

腰のコリは、東洋医学では不安感とも関係がある場所です。腰痛のあるなしに関わらず、問題があれば治療をします。

肩甲骨と肩甲骨の間の細かいコリや、スジの改善は自律神経の改善に重要です。

アキレス腱、ふくらはぎのコリは、腰痛や下半身の冷え、むくみ、足のだるさに関係があるので、硬さを見つけた場合は改善していきます。

お腹のコリの改善は、血流を良くすることで内臓が元気に働き、芯から熱が生まれ体が温まります。基礎体温を上げることで病気になりにくく、自然治癒力が高い体になります↓


セルフお灸のアドバイス。
今のあなたの体に適したツボに印をつけます。↓

消毒・衛生面

ハリをする前に消毒をします。ハリやハリ皿などは全て使い捨てです。治療着は全て洗濯済みです。

治療のQ&A

治療時間が長いのはどうしてですか?
カラダの隅から隅まで治療をしているため
です。あなたの症状に対して、いろいろな方向からアプローチをしています。
 
何回くらいで良くなるんでしょうか?

あなたは何回で良くなりたいですか?もし少ない回数で改善したい場合は、ある程度良くなるまでは週に1回治療に通うことと、家でのセルフお灸をしっかりやっていきましょう。当院にくる方は、いろいろな症状をもっていたり、生活に支障が出てる方も少なくないです。このため治療回数は多い傾向にあると思います。何回で良くなるのか?この「良くなる」の定義にもよりますが、体が変わってきて、生活スタイルにも変化が出てきたなと実感するのは、平均して4~12回です。

治療はどれくらいの間隔で通ったらいいですか?

今までの治療経験から、週に1回のペースで通うのが一番効果がでます。このため治療をスタートしたときは、このペースできてもらっています。どうしてもふだんの生活をしていると、長く治療間隔があくことで、もとの状態に戻ってしまうからです。治療の回数を重ねて、症状が良くなっているのがわかると、少しづつ間隔をあけていきます。はじめは週に1回だったのが、10日おき、14日おき、20日おき、、、1ヶ月おき。こんな感じで変わっていきます。そのときのカラダの状態によっては、逆に間隔を狭めることもあります。症状がほとんど良くなったあとは、この状態をキープするためのアフターケアとして、1ヶ月おきに定期的な治療をすることをオススメしています。

はりきゅうに、副作用はありますか?

副作用はありません。ただ副作用と症状的が似てる、好転反応が出ることがあります。治療をしたあと今まで動きが悪かったカラダが、元気に働きだします。内臓や血液やが正常になったことでおこる反応が「好転反応」です。簡単にいうと、カラダが良い状態から悪くなるきも症状が出るように、悪い状態から良くなるときも、カラダにとっては大きな変化なので、一見副作用かな?と思うような症状が出るんです。これは「カラダが良くなってるよ!」という嬉しいサインです。それと同時に、「あなたのカラダは治療をすれば、よく動いて元気になってくれるカラダだよ!」ということを教えてくれています。当院ではカラダの中も外もしっかり治療をしていくため、約50%のお客さまに好転反応が出ています。カラダの感受性や個人差があるので、出ないこともあります。感じないだけで、カラダの中は変わっていってるので、ご安心ください。

はりきゅうをやってみたいんですが、注射がとても苦手で、痛い熱いが心配です。

ハリは痛くないです。お灸は熱くないです。ヤケドの痕も残りません。自律神経が乱れてる方は、痛い、熱い、こわい治療だと、緊張して自律神経が乱れます。このため当院では自律神経を整えるために、痛くない、熱くない、こわくない治療をしています。とは言ってもハリという名前だけでドキドキする方も多いので、治療前にハリとお灸も試してもらい、安心した状態でスタートします。

血がでたりしますか?ハリやお灸の痕(あと)は残りますか?

基本、血は出ません。たまに1滴くらい出ることがあります。痛くないです。この場合東洋医学では、その場所の血流が悪く、汚れた血がたまっていて、血が出たがってるという考え方をします。2~3日その部分が小さく内出血することがあります。ハリは髪の毛よりも細いので、穴が開いたりすることはないです。注射針のイメージとはぜんぜん違います。お灸はヤケドをしないので痕は残らないです。ただ何個もお灸をやった場所は、薄い黄色いヤニがつくことがあります。治療後に衣服につくことはありません。家に帰ってシャワーに入ると取れます。

痛くも熱くもない治療で、効くんでしょうか?刺激がある方が効く気がします。

刺激が強い治療が効く人もいれば、刺激が弱い治療が効く人もいます。自律神経が乱れてる方は、緊張しない心地いい治療が合っています。当院では刺激の強弱は人によって違います。症状も違えば体質も違うので。大事なのはあなたに合わせた治療です。そのため当院では、ハリの本数や深さ、ハリを刺したままにしておくか、すぐに抜くか。お灸のやる数など、あなたに合わせて選択していきます。また、お灸は熱い方が効くと思ってる方が多いんですが、効くお灸は熱くないです。

はりきゅうが合わない人はいますか?ネットで合う人・合わない人がいると書いていました。

私の考えとしては、治療はその人に合わせるものだと思ってるので、合わない人はいないです。金属アレルギーの方もやったことがありますが、ハリでアレルギーは出ませんでした。もしハリが使えないなら、お灸だけで治療をします。あなたのカラダに合わせてやっていくことが大事なので、どんな病気をもっていても、どんな生活環境でも、出来ることをさせていただこうと思っています。

治療の効果が出やすい人・出にくい人はいますか?

血の巡りがある良かったり、敏感なタイプで薬が効きやすい方は効果が早く出やすい傾向があります。効果が出にくいというか、ゆっくり出る方はこのような方です。⬇︎

⚪︎血の巡りが悪い方
・冷え性・固太りぎみ(脂肪が固くなってる)・緊張しやすいタイプで体にいつも力が入ってる
⚪︎薬を複数飲んでいる
⚪︎アルコールを毎日飲む(アルコールの分解にエネルギーが多く使われるので、治す力が減ります。アルコールを控えるのが難しい方は、一緒に工夫してやっていきましょう。)

効果がすぐに実感できない時は、効果が出てないんじゃなくて、カラダの中で一生懸命修復しているときです。ある程度、中が良くなったら体感として良くなってるのを感じるようになります。

ハリは使い捨てですか?
ハリも、ハリ皿も使い捨てです。衛生面はコロナもありますし気をつけています。
⚪︎患者着は、1回ごとに洗濯
⚪︎枕カバーは、1回ごとに洗濯
⚪︎お客さまも私も、治療ごとに手指消毒
⚪︎毎日ドアノブ、トイレなどの消毒
⚪︎換気
⚪︎治療中、私はマスクを着用しています。
セルフお灸を教えてもらえるということですが、不器用なので自分でお灸ができるか心配です。あと子供が小さいので、お灸が出来ないときもあるかもしれません。大丈夫でしょうか?

お灸はとっても簡単なので安心して下さい。扱いやすいお灸も用意しています。家でやるお灸は、私が治療中にしるしをつけた場所に、お灸をおくだけです。やり方は1回目の治療のときに一緒に練習するので、安心して下さい。お灸は火を使うお灸と、火を使わない、小さいホッカイロみたいな貼るお灸の2種類があります。時間がないときは、火を使わないお灸を使いましょう。これも治療のときにアドバイスをさせていただきます。

生理の日も治療できますか?

生理の日も問題なく治療できます。

ハリの響きって何ですか?

ハリをすると特有の響きを感じる場合があります。コリが強いところや、体につまりがあるところにハリをすると、ズーンとした感覚や重だるい感覚を感じます。これは人によっては好きな人もいますし、苦手な人もいます。

マッサージが好きな人は、よりピンポイントで刺激をされてる感じがして、心地よいと思う人が多いです。

苦手な場合はハリのやり方を工夫したり、お灸を使って治療をします。

当院の治療は響きを感じることが多いです。どうしてかというと、コリや詰まりを狙った治療をするからです。

ペットを飼ってるのですが、家でお灸できますか?

ペットがいてもお灸はできます。煙や匂いは動物に問題ありません。インターネットで調べるとわかりますが、獣医さんも動物にお灸をしています。

当院のお客さまでペットを飼ってる方を参考にすると、(犬、猫、鳥、うさぎ)

煙と香りがあるタイプのお灸をやっている方もいますし、煙と香りがないタイプを選んでいる方もいます。ワンチャン猫ちゃんの性格によっては、お灸のときはゲージに入れてお灸をやっている方もいます。様子をみながらやってみるのがいいです。

お灸はどこで売ってますか?どんな種類を買えばいいですか?

お灸はインターネット、ドラックストアでも売っていますし、当院でも売っています。お灸を選ぶときに大事なのは、自分に合ったお灸を選ぶことです。

・熱さのレベル

熱すぎるとヤケドの原因になります。またどこにお灸をしても熱く感じるので、どこのツボのお灸が効いているのかわかりません。逆に温度が足りなくても、効果が出にくいです。お灸の熱さは、だいたいソフト、レギュラー、ハードの3種類にわかれてることが多いです。ハードは買うのはやめましょう。レギュラーでもメーカーによっては熱いお灸もあります。

・煙の有無、香りの有無

賃貸かどうか、家族の反応、自分の好みなので選ぶ必要があります。無難なのは、煙なし香りなしのタイプです。

・お灸をする時間があるか?どこにお灸をしたいか?

お灸をする時間がない、または背中や肩など届かない場所にお灸をしたいときは、貼るタイプのお灸が便利です。

何も知らない状態で自分に合ったお灸を選ぶのは難しいです。このため当院ではカウンセリングをして、あなたに合ったお灸を選びます。

また当院ではせんねん灸(メーカー名)のお灸を、ギリギリの安価で販売しています。(ネットで買うより安い)

ここのお灸は初心者の方に使いやすく、安全なお灸です。(動いても落ちにくい)家でセルフお灸をやるときは好きなお灸を用意してもらっていいのですが、はじめのうちはせんねん灸のお灸を使って練習した方がいいです。自分に合ったお灸の感覚を覚えて欲しいので。

どんな症状の人が来てますか?
こちらを参考にして下さい。
・当院のお客さんに多い症状⬇︎

https://harikyu-clear.com/clear-check/