●1982年生まれ、札幌出身。父、母、祖母が鍼灸師の鍼灸一家に生まれる。すぐにお腹をこわす子供時代。遠足の前は必ず不調、母にお灸で助けてもらう。

●東京の服飾の学校にいく。

●憧れてた沖縄に就職。(服を作るのが苦手すぎたため、販売の仕事につく。彼氏にも振られ、逃げるように憧れの沖縄に就職。)

●2年後札幌の実家に帰ってくる。鍼灸師の父のすすめで鍼灸学校に行く。
鍼灸学校では東洋医学がうさん臭いと思い(気とか)、現代的かつ最先端でかっこいい西洋医学の治療に力を入れる。
(筋肉に電気を通すパルス治療や、筋肉に深くハリを入れる治療)

●鍼灸学生中に急にパニック障害になる。自律神経の乱れからいろんな不調がでる。パニックになったことでカラダが敏感に変わる。頑張って勉強をしてた西洋学的な治療を、カラダが受けつけなくなる。途方に暮れる。

●自分のカラダに合った治療を探す。うさん臭いとあれだけ思っていた東洋医学が、自律神経にいいことを知る。学校とは別に現役鍼灸師が集まる勉強会に毎月通いはじめる。東洋医学を使った高い鍼灸の技術と実践的な治療を学びはじめる。技術も理論的な勉強も、難しくて苦戦する。

●3年間学校に通い、鍼師・灸師の2つの国家資格に合格。父の鍼灸院や往診治療で、80代、90代のマダム達の治療を日々おこなう。(高齢になると若い人と比べて治りにくく、治療に悪戦苦闘の日々。これが治療技術をあげるための大事な訓練になる。)

●父から独立して女性専門の鍼灸院を開く。今までと違って30代、40代の女性を治療。

●自律神経が乱れてる女性の治療が多くなる。あちこちに症状が出ているため、カラダを総合的に丸ごと治療をすることが必要になる。その結果、実戦からの勉強が進む。お客さんの困っている不調が89%の確率で改善するようになる。このとき自律神経を改善することで、長年の生理痛が改善する人が思った以上に多く、自律神経とホルモンは関係してることを実感する。

●治療をしていく中でかっこ悪くてもいいから、私自身が飾らずお客さんと接したいと思うようになる。お客さんと本音で話す機会が増える。見た目ではわからない葛藤を抱えてる女性が意外に多いことを知る。

●私自身の隠していたかっこ悪いところをさらけ出したくなる。当院のブログにて、第一回目「後悔を公開ブログ」を1ヶ月間毎日配信。お客さんから反響がある。さらにお客さんと、心の内を話す機会が増える。心に閉まっている気持ちをを外に出すことで、自分もお客さんも変化していく手応えを感じる。

●自律神経を乱して不調になってる女性は、精神的な我慢やムリが1つの不調の原因になってることが多いことに気づく。現在ストレスからくる女性の自律神経の乱れを専門に治療をする。

●現在、のべ2000人以上の自律神経を乱した女性の身体を治療。以前よりも症状が難しいお客さんが増える。どうしたら不調が良くなり、どうしたらお客さんが本当の元気を取り戻すのかを、日々治療の現場から研究中。

私が持っている資格

鍼師、灸師、アロマ検定1、2級、サウナ・スパ健康アドバイザー

私が経験した不調

パニック障害(不安発作、ソワソワ)、糞詰り、すごい寝汗、夜も寝れない膝の激痛、夜も寝れない肩の激痛、ギックリになる寸前のまったく動けない痛み、リウマチ、肛門がひきつる生理痛、脂漏性角化症(治療というよりも、見た目で悩む気持ちがわかります。)アダルトチルドレン。

私が経験した検査

大腸内視鏡検査、胃の内視鏡検査、乳がん検査、乳がんの生検、子宮頸がん、子宮体がんの検査、子宮のエコー、MRI、エコー、造影剤CT、呼気のピロリ菌検査

自己紹介

・147㎝、ちびっこ、A型、太陽星座ふたご座、月星座さそり座
・好きなこと→サウナ、焚き火、アジア旅行、海でたそがれビール、占い
・好きな場所→日当たりのいいところ、カフェのテラス、ストーブの前、南国
・特技→タコ焼き作り、餅を丸めること
・好きな食べ物→フライドポテト、パクチー、山椒、ほや、山菜
・大事にしてること→自分の気持ちに素直でいること、チャレンジすること


PAGE TOP