まさか私が!

私がパニックになったのは、27歳のとき。(現在38才)このとき鍼灸学校に通っていて、勉強にバイトに恋愛に、自分の中では充実している毎日でした。

そんなある日、「こわい!」というなんとも言いようがない強い恐怖感に突然襲われたんです。激しい動悸、冷や汗、いても立ってもいられないソワソワ感。私はただずっと気が狂いそうになる自分と闘いながら、気持ちを紛らわすために歩きまわっていました。

迷わずメンタルクリニックへ。診断名は、不安神経症・パニック(体と心に過度にストレスがたまっておこる不調。)「まさか私が精神疾患になるなんて!」

ここから昼夜関係なく襲ってくるパニックがこわくて、大変な毎日になりました。授業はパニックで途中で抜けだす始末。夜はパニックで眠れない。眠るのは日がのぼる朝方、いつも朝からヘトヘトでした。

こんな状態なので、病院の薬も飲んでいたんですけど効かないんです。どんどん強い薬になって、ついに副作用で体がだるくて動けなくなりました。それでも薬は何より安心をくれるお守りだったので、肌身離さずいつも必ず持ち歩いていました。

当時の私は、パニックになってることを人に言えませんでした。鍼灸師は絶対に健康じゃないといけない。自己管理ができてないなんて恥ずかしいこと。この気持ちがさらに精神状態を悪化させていたと思います。

また元気そうな友人や、テレビに映るイキイキした有名人、まったく知らない通りすがりの人が楽しそうにしてると、うらやましさと同時に「こんな自分はダメだ。」という否定的な気持ちが湧いてきて、いつも気持ちは鬱々イライラしていました。

はりきゅうとの出会い

こんな中、病院に行っても、薬を飲んでも良くならない私をみて、鍼灸師の母と父が治療をしてくれました。(私は、祖母・父・母が鍼灸師の三代目)

すると今まで辛かった状態から、たった半年で抜け出すことができたんです!これには驚きでした!なぜなら私は、鍼灸の勉強をしていたにもかかわらず、実は鍼灸に対して半信半疑だったんです。

なのでこんなに効果があるなら、もっと早く治療をやってもらっていればよかったと心底思いました。毎日のパニックから解放されて本当に助かりました。治らなかったら今頃リアルに、鍼灸師になれてなかったと思いますし、人生もボロボロだったと思います。

この経験からはじめて、小さい頃から身近にあった鍼灸がこんなにいいものだと実感しました。

自律神経が関係あった!

当時を思い出すとパニックもそうですが、他に出ていた症状も明らかに、自律神経の異常な乱れが原因でした。(強い恐怖感、動悸や冷や汗、この他にも30分トイレにこもって出ない便秘、3回は着替えが必要な夜の寝汗、首肩の異常なコリなど)

この異常になった状態を、もとの正常な状態にもどしてくれるのが、はりきゅう治療だったんです。自律神経は、体のいろいろな臓器とつながっていて、働きをコントロールしています。このため自律神経が乱れると、いろいろな不調がでてきます。

鍼灸師になってわかったことは、自律神経の乱れてる女性が本当に多いということ。そして改善しないパニックや不調も、自律神経にアプローチすることで、良くなる可能性が高いということです。

この経験から、私は同じように困ってる人が気になるようになりました。

あなたは実生活で、どんなことが出来なくてなって困っていますか?どんな気持ちでいますか?

今は不調で、不安だらけだと思います。でも大丈夫!一緒に治療をして元気をとり戻しましょう。あなたは自分で治せる力をもっていますから!

私がパニックになった本当の原因

実はパニックが良くなったあとも、変わらなかったことが1つあります。それは生きづらさ。人に嫌われたり、常識から外れるのがこわくて、本当の自分を出せずにいました。まわりの友人にも家族にさえ、明るくて、悩みもない楽天家だと思われてきましたが、いつもココロは鬱々してたんです。

本当の自分の気持ちをムシした生き方をしてたので、自分のことがさっぱりわからなくなりました。何がしたいのか?何が好きなのか?どうしたいのか?自分の人生なのに、自分の道を歩いてる感覚がまったくないんです。毎日が楽しくなくて、不完全燃焼。でもどうすることも出来ずにまわりに合わせて、いろんなフリをして生きていました。

〇〇のフリって、ストレスがたまります。自分を出さずに我慢してるから。いつのまにか私の中には、そんな自分に対する強い怒り、悲しさ、孤独感、否定感がうずまいてました。

そしてこの心の状態が原因で、人間関係、恋愛、仕事、進路選択、お金などいろんなことに支障がでました。

この不安定な精神状態をさらに隠しながら、平気なフリをして過ごす毎日。

心は自律神経とつながっています。心が辛いと自律神経が乱れます。私はこの根深いストレスが塵に積もって、パニックになったと思っているんです。

体調不良は、生き方の見直しサイン!

35才のときに、生き方を変える出来事がありまして、そのときから自分に正直に生きるようにしました。フリをするのもイヤになってやめました(笑)

この結果、今は以前の50%くらい生きるのがラクになりました!50%ラクになるということは、50%自律神経も乱れにくくなったと思っています。

あなは我慢してることありませんか?心が辛くなるときありませんか?私はあなたの体と同じくらい、あなたの気持ちも気になります。

治療の中で、あなたといろんな話ができたらいいなと思っています( ´ ▽ ` )ノ

  1. 1982年生まれ、札幌出身。すぐにお腹をこわす子供時代。遠足の前は必ず不調、母にお灸で助けてもらう。
  2. 東京の服飾の学校にいく。(だけど服を作るのが苦手すぎた)
  3. 憧れてた沖縄に住む。
  4. 札幌の実家に帰ってきて、鍼灸師の父のすすめで鍼灸学校に行く。鍼灸学校では、東洋医学が胡散臭いと思い(気とか)、現代的かつ最先端でかっこいい西洋医学の治療に力を入れる。
    (筋肉に電気を通すパルス治療や、筋肉に深くハリを入れる治療)
  5. まさかのパニック障害になる。自律神経の乱れからいろんな不調がでる。パニックになったことで、カラダが敏感になる。頑張って勉強してた西洋学的な治療をカラダが受けつけなくなる。途方に暮れる。
  6. 自分の体に合った治療を探す。胡散臭いとあれだけ思ってた東洋医学が、自律神経にいいことを知る。学校とは別に、高い鍼灸の技術力をもった現役鍼灸師が集まる勉強会に毎月通い、実践的な治療を学びはじめる。
  7. 3年間学校に通い、鍼師・灸師の2つの国家資格に合格。父の鍼灸院や往診治療で、80代、90代のおばあちゃん達の治療を日々おこなう。(おばあちゃんは若い人と比べて治りにくいので、治療に悪戦苦闘の日々。これが治療技術をあげるための大事な訓練になった)
  8. 父から独立して女性専門の鍼灸院を開く。今までと違って30代、40代の女性を治療。
  9. ホルモンバランスから自律神経が乱れてる人の治療が多くなる。このためあちこちに症状が出てるため、カラダを総合的に治療することに力を入れる。その結果89%の治療効果を上げる。このとき自律神経を改善することで、長年の生理痛が改善する人が思った以上に多く、自律神経とホルモンは関係してることを実感。
  10. 治療していく中で、お客さんと本音で話すことが増える。見た目ではわからない葛藤を抱えてる人が意外と多いことを知る。第一回目の「後悔を公開ブログ」を1ヶ月、毎日配信。お客さんから反響がある。さらにお客さんといろんな話をするようになる。この時間が好きだと気づく。ココロにしまってた気持ちをを外に出すことで、人生が変わっていく手応えを感じる。
  11. 現在、ストレスからくる女性の自律神経の乱れを専門に、カラダとココロの2つからアプローチできる治療を日々行う。

●資格
鍼師、灸師、アロマ検定1、2級、サウナ・スパ健康アドバイザー

・特徴 
147㎝ちびっこ
・好きなこと サウナ、焚き火、アジア旅行、海でたそがれてビール
・特技 タコ焼き作り、餅を丸めること
・好きな食べ物
フライドポテト、パクチー、山椒、ほや
・大事にしてること
チャレンジすること

PAGE TOP