おしゃべりって、自律神経改善に大事だと思っています。

自律神経に良いおしゃべりは、表面的なおしゃべりだとあまり良さがありません。じゃあどんなおしゃべりが良いのか?それは自分の素直な気持ちを言葉にするおしゃべりです。

例えばどんなに軽い話題だったとしても、(好きな食べ物の話とか。)相手に合わせずに、自分が心から思っていることを話すんです。5歳児の子供が、好き勝手に話する感じに似ていると思います。

「普段から話したいことは話せてるよ!」という方は、この話は気にしないで下さい。

なぜ自律神経には素直なおしゃべりが必要かというと、自律神経を乱している方は、自分の気持ちよりも相手の気持ちや世間体を気にして、ムリや我慢をしている方が多いからです。

そして自分の体や気持ちを後回しにした結果、ムリや我慢が祟って不調になっているからです。


じゃあムリも我慢もしなければいいと思うかもしれませんが、自律神経を乱す方は、自分にスポットを当てるのが苦手な場合が多いです。このためムリや我慢をしてるいる感覚が薄かったり、逆にそのムリが良いことと思っていることがあります。


ここで大事になるのは自分にスポットを当てて、自分の思っていることや感覚を取り戻すことです。自分の気持ちを大事にできるようになると、おのずと体も大事にできるようになります。


このため、当院では、あなたにスポットを当てる時間を大切にしています。私に気を使わないで、思ったことを話してもらう。勇気がいると思いますが、あなたの自律神経にも人生にも、プラスに働く時間になります。

お客さんとはいろんな話をしています。最近あったこと、楽しかった話、行った場所、何を食べたか、仕事での話、面白かったYouTube。

最近イヤだったこと、悩み、考えてたこと、落ち込んだ話、怒った話。昔の話、親とのこと、友人のこと、家族のこと。これからしたいこと、諦めていること、どうしていいかわからないこと。

私はあなたの話を聞いたり、話を聞いて思ったことを伝えたりするだけなので、何も出来ないですし、何かをすることもないんですけど、最近感じるのは、私が何かできなくても、答えはあなたの中にあって、あなたが自分で見つけていくんだなということです。


ありのままの気持ちを話すということは、あなたが見つけたかった答えや、ラクに生きるヒントなどと繋がるんだなと思っています。

特にこのような方に、このおしゃべりの方法が合ってると思います。⬇︎
ぜひ当院にきたら勇気を出して、自分の心のままに話してみて欲しいと思います。

・人に気を使う性格。

・自分の話をするのが苦手。

・相手に話を合わせることが多い。

・自分の意見はあまり言わない。

・おうむ返しが多い。

・話してることと、心で思ってることが違う。

・自分の好きなものや、やりたいことがあまりわからない。

・抑圧的な性格だと思う。

・暗い自分は出さないようにしてる。

・良い人とよく言われる。

・言いたいことがあっても、人に言えない。

・家族や友人、パートナーにも悩んでることをあまり言えない。

・人に頼るのが苦手。

PAGE TOP