当院のお客さまの、お悩みの声をお聞きください。あなたも似たことで悩んでませんか?

・「この肩こりどうやったら治るんだろう。整形、マッサージ、整体に行っても治らなかったしな。」
・「どれだけ枕と布団にお金使ってるんだろう。相変わらず痛くて寝れない。」 
・「背中がいつも辛い。気になって仕方ない。」
・「温めてもダメ。ストレッチもダメ。何をしたらいいんだろう。」

慢性的なこり・痛みの原因、内田じゅんこはこう思う!

慢性的なコリと痛みの原因は、大きく5つあります。

原因①血行不良・冷え
原因②歪み
原因③内臓の働きが悪い
原因④緊張・不安
原因⑤自律神経

原因①血行不良・冷え

同じ姿勢や運動不足が続くと血流が悪くなり、筋肉が硬くなりコリができます。また血流が悪いと、組織に酸素や栄養が充分に行き渡らず、老廃物や発痛物質(ブラジキニンやヒスタミンなど)が流れにくくなるため痛みも出やすくなります。今は時代的にもパソコン作業やスマートフォンを長時間使うことで、腕のコリや首のコリ、肩甲骨の間のコリが出来やすいです。

原因②歪み

姿勢や出産などで首や背骨、骨盤などが歪み、それによって筋肉が緊張して神経が刺激され痛みが出たり、慢性的なコリが生まれます。

原因③内臓の働きが悪い

女性に多いのは、胃の不調が背中や肩にでる重い痛みです。他にも生理痛や婦人科疾患があると、腰の重だるいコリとして出やすいです。重だるさは、内臓と関係してる可能性が高いです。

原因④緊張・不安

体的にも精神的にも敏感な方は、緊張をしやすく気付かないうちに体に力が入ってることがあります。仕事とプライベートのオンオフが苦手だったり、リラックスが苦手、もしくはリラックスすることに罪悪感を感じてる場合は、体の力がなかなか抜けなかったり、リラックスの意味がわからないこともあると思います。

精神的なものからできるコリは、早い方だと子供のときから蓄積しているため根が深いです。首から腰にかけて背中の細い骨のようなスジになったコリや、板のようなコリになることがあります。

原因⑤自律神経

自律神経は、ありとあらゆるカラダの組織の働きをコントロールしている司令塔です。全ての組織には血管が張り巡らされています。ストレスにより自律神経が乱れ、交感神経優位になると血管が収縮します。これにより各組織の血流が悪くなります。先ほど説明させていただいた、原因①血行不良・冷えの状態が全身に起こるようになり、痛みが出やすい状態が作り出されます。

だから、この治療が必要なんです!

慢性的なこり、痛みは、この5つの原因を改善することが必要です。

●原因①血行不良・冷えの改善
●原因②歪み改善
●原因③内臓の働き改善
●原因④緊張・不安の改善
●原因⑤自律神経の改善

●原因①血行不良・冷えの改善

コリや痛みの原因がその場所にある場合はそこに治療をしますが、お客さまからすると、一見ぜんぜん関係のないような場所に治療をすることもあります。

それは東洋医学的に体をみたり西洋医学的にみていく中で、その方が効果があるからです。冷えの改善は冷えてる場所に治療をすることもありますし、内臓の働きが悪く熱を発生できていないときは、内臓を活性化させる治療もします。

●原因②歪み改善

歪みの治療は、骨盤やショーツライン(そけい部)、首や背中の治療をします。足首の捻挫をしやすい方は足首の治療が必要だったり、場合によっては膝の治療もします。歪みを改善すると、体幹のバランスがビシッときまるようになるので、余計なところに負担がかかりにくく、コリが出来にくい体になります。

●原因③内臓の働き改善

どういう痛み方をしてるかをカウンセリングします。場所やどんなときに痛むのかを聞いて、内臓からきてる痛みかどうかを確認します。内臓に原因がある場合は、その内臓につながっているツボの中でも、あなたに適してるツボを探して治療をします。

●原因④緊張・不安の改善

首から腰にかけて細い骨のようなスジになったコリや、板のようなコリを確認した場合は、丁寧に治療をして行きます。ハリがいいか?お灸がいいか?ハリもしてお灸もするのか?ここはコリの状態をみて判断をしていきます。また精神を安定させるツボを使うこともあります。背中のコリはしっかり治療をしていきます。

●原因⑤自律神経の改善

自律神経からくる痛みは天気に左右されたり、ストレスに左右されることがあります。これはとても大事なことで、コリや痛みの原因を自分なりに知ることができれば、予防できるようになるからです。

このためカウンセリングでは、原因を一緒に探していくこともあります。治療としてはスジ状になったコリを全身的に探して丁寧に治療をしていきます。

この5つの治療を総合的にすることで、このような結果につながります。

このようなお悩みを、当院で解消した方の声をご覧ください。

・「肩と首が痛くて、下を向いて字が書けませんでした。今では、痛みがほとんどなくなって、事務仕事も前のように疲れなくなりました。」

・「吐き気がするほど首が痛くて、あまりの痛みに眠れず、ご飯を食べるときも頭を支えて食べていました。整形に通っていましたが、良くならず悩んでいました。治療で徐々に改善していき、今は前のように、悩むような痛みはなくなっています。」

・「鉛のような肩コリが辛く、リュックも背負えませんでした。今は肩コリレベルが、半分以下になっています。また、歩いたりストレッチすれば、自分でも改善できるようになってきました。」

・「股関節が病んで眠れませんでした。ふとんを買い替えたり工夫していたんですがダメでした。今では痛みもなく眠れています。」

・「座骨神経痛がひどく、つま先立ちができない、しゃがめない、片足で立てない。仕事がハードな飲食店のホールのため困っていました。5回の治療でほぼ改善し、仕事もスムーズにできるようになりました。」

あなたに伝えたいこと!

頑固なコリや痛みがある場合は、局所的に治療をするだけでは改善は難しいです。なぜなら体はコリや痛みから避けようと動くようになるので、体に歪みが生まれ、さらにコリや痛みが波及するからです。

このため波及した症状を1つ1つ良くしていくことが、慢性的なコリや痛みを改善する上で重要です。このため少し時間がかかるかもしれませんが、コツコツ丁寧に改善することが一番の近道です。

痛みやコリが常にあるのってすごく気になりますよね。そして困ったことに慢性化するとそれが当たり前になって、悪化することがあります。

なんでこんなことを言うかというと、私は中学生くらいから首のコリがひどくて、気づけばいつも手で押したりコキコキしてました。

鍼灸師になってから知ったんですが、首肩のコリは自律神経と深く関係があります。私がパニックになった原因の1つに、このコリもあったのかなと思っています。このため放っておかない方がいいです。

他にも膝の怪我の激痛、肩の激痛、ホッケの刺身でアニサキスのお腹の激痛、ギックリ腰、リウマチなどの痛みを経験したことで、痛みを放っておくと何も良いことがないことを実感しました。逆に良くなっていくことで体がラクになります。当たり前のようですがとても大事なことです。

ラクになると生活スタイルも生き方も変わります。あなたらしい人生のためにラクになりましょう。

PAGE TOP