心の持ち方。

自律神経が不調になったら大事にしてほしい心の持ち方があります。それは「自律神経を治す。」というよりも、「自律神経とうまくやっていく。」という心の持ち方です。

治療効果がスムーズにでる方は、心の余裕を大事にしている方です。体だけに意識がいっていません。

そして治療や健康に関しても、仕事や家庭に関しても、100%完璧な状態を目指しているというよりも、 自分が納得した体に良いことや生き方をして、自律神経とうまくやっていきたいと思ってる人達です。

逆に体のことだけに意識がいっている方は、気持ちに余裕がなくなりやすいです。自律神経を良くするために体に良いことをやっていても、逆に自律神経が乱れる原因になることがあります。

このため治療効果がスムーズではなかったり、100%完璧な健康や改善を目指すことが多く、効果が出たとしても小さな効果は気持ちで打ち消してしまうことがあります。

この小さいの効果の積み重ねこそが自律神経改善には重要です。良くなることを考えるのであれば、自律神経との付き合い方を見直す必要があります。

あなたに元気をくれる目標がいい。

「治療や食事療法、サプリ、運動など、体に良いことをやってるのに効果ばかりが気になって、いつも気持ちが不安。」こういう方は、「こうなりたい。」という目標があなたを苦しめています。

目標を持つなら、あなたが苦しまない目標に変えてみてください。どんな結果だとしても、不安にならない目標がいいですよ。それか苦しい目標なら、捨てちゃうのも良いと思います。

PAGE TOP