当院のお客さまのお悩みの声をお聞きください。
あなたも似たようなことで悩んでませんか?


・「靴下は何枚履けば、ぐっすり寝れるんだろう?」
・「お風呂に入ってもすぐ冷える。」
・「夏の職場は最悪。クーラで足も腕も寒い。」
・「なんで私だけ、しもやけになるんだろう?」
・「冬は、湯たんぽ、カイロ、お風呂にモコモコ靴下に、
ホットドリンク。こんなに温めてるのにまだ冷える。」

冷え性の原因、内田じゅんこはこう思う!

何をしても温まらない原因は、3つあります。


原因①全身のコリが強いため。

血液は温かく、
全身を移動することで体を温めます。
ここで問題なのがコリです。
コリは体の防波堤です。
コリが強いと血液が巡らなくなるんです。
またコリは表面的なコリから、
深部のコリまであります。

これはどういうことかというと、
内臓も筋肉なので、働きが悪いと硬くなるんです。
これを私は内臓のコリと言っています。
肩こりや腰のコリだけじゃなく、
内臓のコリもある人は頑固な冷え性に
なりやすいです。

原因②体から熱を生み出せないため。

内臓が元気に働くことで熱が生まれます。逆に内臓の働きが弱いと、生まれる熱が少なくて冷えの原因になります。お腹を触って冷たい方は、内臓の働きが弱くなっているサインです。

原因③自律神経の乱れ。

緊張状態が続いたり体や心にムリがかかると、交感神経が過剰に働いて血管が縮みます。その結果、全身の血流が悪くなります。また交感神経が働くことで内臓の働きも低下。熱を生み出しにくくなります。また熱が生み出せないと体が冷えて、コリが出来やすくなります。このように冷え性の負のループが出来てしまうんです。

だからこの治療が必要なんです!

頑固な冷え性は、この3つの原因を改善することが必要です。

●全身のコリの改善

●熱を生み出せない体の改善

●自律神経の乱れ改善

●全身のコリの改善

当院では全身のコリをくまなく探して、治療をしていきます。なぜなら1つのコリの防波堤があると、全身に影響するからです。下半身の冷えはショーツライン(そけい部)のコリを改善することが必要になります。ショーツラインは、体の歪みや姿勢、履いてる靴、ディスクワークなどでコリやすい場所です。このようなデリケートな場所も、治療をする私が女性なので、お客さまには安心して治療を受けてもらっています。

●熱を生み出せない体の改善

熱を生み出せる体にするには、各内臓の状態を調べることからはじまります。カウンセリングや実際に体に触ることで、確認して行きます。働きが悪い内臓を見つけたら1つ1つ改善していきます。特に女性は精神的なストレスやムリが続くとすぐに胃腸の働きが、悪くなります。言い方を変えると胃腸の働きを良くしてあげることで、他の症状も一緒に改善していくことが結構あります。お腹や腰の冷えがある人は、腎臓の冷えなどが関係してることもあり、特に内臓を元気にしていくツボを使って治療をしていきます。

●自律神経の乱れ改善

人によって治療ポイントは違いますが、基本的に背中と首肩の治療は丁寧にしていきます。それは自律神経が背骨や首から出てるということもありますが、私の治療経験的に背中と首の治療をしっかりやると、症状が良くなるという手応えを感じているからです。またのぼせ症状がある方も足が冷たくて、顔や上半身がのぼせるので、バランスをとる治療をしていきます。

この3つの治療を総合的にすることで、このような結果につながります。

冷え性のお悩みを、当院で解消した方の声をご覧ください。

「冬は家の中で、ふつうの靴下の上に、モコモコの靴下を2枚履いていました。今年は靴下を履かずに裸足で寝れました。すごい!」
「湯たんぽが必要で、それでも足が冷たくて夜中に起きていました。今年は、湯たんぽを使わずに寝ています。」
「夏でも腕が寒くて、半袖だけで過ごせませんでした。毎日、長袖のカーディガンを着ていました。」
「今はカーディガンを羽織らないで、1日半袖で過ごしています。クーラーがある場所でも大丈夫です。」
「10代から夏でも寒くて、裸足でいられませんでした。治療をはじめてから、気づくと靴下を脱いで裸足になっていたんです。自然に脱いでいたので、自分でもびっくりしました。」
「毎年しもやけになって、病院に通っていましたが、今年はしもやけにならず、効果を感じることができ嬉しいです。」

あなたに伝えたいこと!


冷えは万病のもと!冷えはほっとかない方がいいです。いろんな不調や病気の原因になります。また妊娠を考えている方は、冷えのない体を作ることで妊娠がしやすくなります。私も風邪をひいて体調が悪くと、足に汗をかいて冷たくなって、湯たんぽをしても寝れないことがあります。本当に辛い!気になってしかたない!この経験から想像するのは、常に冷え性の人は、不眠につながるだろうなということと、特に冬なんかはどこかに行っても足の冷たさが気になって、楽しい用事でも楽しさが半減するだろうなって思うんです。なので今ここで、冷え性をしっかり根本から改善していきましょう!

PAGE TOP