当院のお客さまのお悩みの声をお聞きください。あなたも似たことで悩んでませんか?

・「なかなか寝つけない、寝ても何回も起きる。」
・「具合が悪くて朝方に寝て、お昼過ぎに起きるようになった。」
・「薬なしで寝れるようになりたい。」
・「朝が眠くて辛い。1日中ぼーっとしてる。」
・「寝ることがプレッシャーになってる。」

眠りの質が悪い原因、内田じゅんこはこう思う!

気持ちよく寝て起きれない原因は、5つあります。

原因①冷えやコリがある

冷えやコリがあると寝つきにくい体になります。冷えが気になって寝れないこともありますし、体が温まらないと眠りのスイッチが入らないんです。

また冷えてるとトイレが近くなって、何回もトイレに起きるということもあります。コリがあると体が緊張してるため、眠りに入りにくくなります。

原因②薬の副作用。

気持ちを落ち着ける作用がある薬などは、副作用として眠くだるくなることがあります。薬ではありませんが、アルコールは睡眠に入りやすくはなりますが、飲む量によっては浅い眠りになります。コーヒーや、紅茶などのカフェインも覚醒作用があります。

原因③精神的ストレス。

心に引っかかりがあると気になって眠れなくなることもありますし、仕事のプレッシャーなどから、悪夢とともに睡眠の途中で覚醒することもあります。

原因④体が疲れてない、睡眠時間の乱れ。

人は疲れると眠くなります。このため体を動かさないと寝れなくなります。また昼夜逆転した生活になると、眠りのリズムが崩れていきます。

原因⑤自律神経の乱れ。

眠るときはリラックスした状態になることで副交感神経が働き、眠れる体になります。自律神経が乱れていると、副交感神経がしっかり働かず眠りにくくなります。

だから、この治療が必要なんです!

眠りの質は、この5つの原因を改善することが必要です。

●冷えやコリの改善

気になる部分の冷えやコリを取ることも大事ですが、深く眠れる体を作るためには、全身のコリを改善して全身の血流を良くし、芯から温かい体を作ることが必要です。


コリというとイメージ的には、首、肩、腰、背中、こういうところを考えると思うんですが、ショーツランやデコルテ、腕、足、ふくらはぎ、お腹などにもコリが出来ますし、凝り固まっていることが多々あります。このため当院では、見つけにくコリを手の感覚を頼りに探し出して、1つ1つハリで丁寧にほぐしていきます。

また内臓も筋肉で出来ています。私は冷えて働きが悪く、固くなってる内臓を「内臓コリ」と呼んでいます、内臓のコリもコリの1つなので、各内臓とつながっているツボにハリやお灸を使ってアプローチして改善します。

薬の副作用の改善

薬の副作用で崩れた体のバランスを整えて、健康な体に立て直す治療をします。また睡眠導入剤などが必要な方は、薬の力を借りなくても眠れる体を作る治療をします。体がだるく1日中眠い方は、東洋医学的には、気が下がってる状態の可能性が高いので、気を上げて元気を出す治療をします。

精神的ストレスの改善

睡眠に効果があるツボにハリやお灸もしますが、精神的なストレスを改善して眠れるようにするためには、背中と胃腸を改善する治療をすることが多いです。

体が疲れてない、睡眠時間の乱れの改善

体が疲れてなくて眠れない。昼夜が逆転してきた。これは不調の回復期のお客さまに特に多い症状です。体は良くなってきたけど、まだ万全ではないため動き出すことに不安を感じてて、家からあまり出ずに動いてない方です。

回復期に大事なことは今ある症状をさらに改善していくことと、外にでたり、やりたいことにチャレンジすることです。体と心の状態を観察しながら、不安な気持ちと期待を両方持ちながらチャレンジを繰り返していくときです。

日常生活の範囲を広げていきます。不安な気持ちがあるかもしれません。これは一緒に乗り越えていきましょう。気づいたときに出来るようになっています。活動するようになることで体も疲れて眠れるようになるのと、生活のリズムが自然と戻ってきます。

自律神経の改善

交感神経を沈めて夜はリラックス出来て、副交感神経がよく働く体にします。体と心の緊張を取る治療や、自律神経改善に欠かせない首や背中の治療を丁寧にします。

ただ人によっては、一日中リラックスモードになりすぎてることで寝れない方もいます。(副交感神経が働きすぎてる方)先ほど書いた回復期の方に起こりやすいです。ある程度元気になったら、安静にしすぎると逆効果になります。交感神経と副交感神経が両方働くことで質のいい睡眠がとれます。

このため当院では治療と一緒に、回復期を元気に乗り越えていくサポートをしています。

この5つの治療を総合的にすることで、このような結果につながります。

眠りの質が悪いお悩みを、当院で解消した方の声をご覧ください。

・「朝まで一度も起きずに眠れるって、気持ちいいものだなと実感してます。」

・「今まで起きれなくて、朝のゴミ出しに間に合わない時も多々あったんですが、今はすがすがしくゴミ出ししてます。」

・「薬を使うと朝がぼーっとして困ってたんですが、今は薬を飲むこともほとんどなくなって朝が楽です。午前中から元気です。」

・「また具合が悪くなるかもしれないと思い、安静にしすぎてたことに気づけました。体のことが不安だったんですが、先生と一緒に目標を作って達成していくことが楽しくて、気づいた頃には今まで出来ないと思ってたことが出来てました。」

・「病院に行っても寝れなくて、寝ることがどんどんプレッシャーになっていきました。はりきゅう治療で寝れるようになったのもありますが、治療中にいろいろ話せたことで、悩みがはっきりして解決に向かって寝れるようになったと思っています。」

あなたに伝えたいこと!

睡眠の質が悪いと次の日が1日中きついですよね。ぼーっとするので集中力がないまま日常生活をこなすのは大変です。そしてどうしても眠たいので仮眠が長くなる傾向があります。

そうすると夜になれないので、朝起きる時間も遅くなりやすいです。この悪循環を一人でもとに戻すのは難しいと思います。

まずは、夜寝れる体を作りましょう。そして次に朝に起きれる体を作りましょう。そして朝に元気に動けるようになりましょう。そして外に出かけて活動でいる体と環境を一緒に作っていきましょう。

私はパニック障害だった頃、夜に症状が起きやすかたったことと、薬の副作用で朝がだるくて眠くて何もやる気が起きなかった経験があります。睡眠がうまくいかないと、日常に100%と言っていいくらい影響がでます。なのでこの睡眠はほっとかないで早いうちにしっかり改善していきましょう。

PAGE TOP