お客さまの声

妻は、寝たきりでした。

ゆうかさんの旦那さまが、夫目線から書いてくれた体験談です。

家族は不調のことをどう思ってるか?
カラダが良くなっていくと、家庭にどんな変化が出てくるのか?これを教えてくれる体験談です!

家に帰ると、妻が料理をしながら待っていてくれました。
「おかえり!」と笑顔で出迎えてくれます。
ある意味、「当たり前」のようなことですが、
半年前には想像もしないことでした。

半年前。妻は「寝たきり」でした。
私が出勤する朝9:00にも、妻は寝たままでした。体がだるくて起き上がれないそうです。
お昼に頑張って起き上がるも、体に力が入らない。
夕方からの妻の仕事がある日には仕事の直前まで自宅で休んでいました。
その日は仕事で疲れ果て、家では常に布団の中。
結果、帰宅後私が食事を作ることが多くありました。
特に生理前は体のだるさがピークに達し、家から出られない日もありました。
朝行くときも、夜帰ってきたときも、常に妻は寝たきりだったのです。
「この状況を、なんとかしたい」妻が言い始めました。

そんな時、ネットで内田さんの鍼灸院の存在を知ったのです。
男性である私にとって、「生理痛」というのは全くイメージが持てないものでした。
しかも、生理痛にハリやお灸が効くなんて半信半疑でした。「鍼灸なんて胡散臭いかも…」。
口には出しませんでしたが、そんな思いを持ちつつ妻と一緒に内田さんの鍼灸院に伺いました。
「いままで、辛かったですね」内田さんはとても親身に相談に乗ってくださいました。
その場で、私と妻ともどもはじめてお灸を体験しました。
「なんか、効きそうな気がする!」と妻が喜んでいたのが印象的でした。

数ヶ月後。妻が私に言ってきました。
「私、いままで、全然寝付けなかったの。でも、ここ数日は本当にすぐ眠れたの!15年ぶりくらい」とても嬉しそうでした。
それを聞き、いかに妻が体調で苦しんできたか、ようやく分かってきました。
治療が進むにつれ、生理痛も緩和されてきたそうです。
朝起きれなかったのがウソのように、妻が私の出勤を見送ってくれるようになりました。
帰ってくると、料理をして待ってくれるようになったのです。
私にとって大きな「驚き」でした。

妻が朝から起きられるようになると、妻の活動範囲は広まりました。
ウォーキングをするようになり、自分の行きたいお店にも、
体のだるさを気にせず出かけられるようになりました。
通院半年が経った今では、なんと「カポエイラ」という格闘技を習い始めるまでになりました。

妻を通して鍼灸の「すごさ」に気づきました。
単に生理痛に効くだけではなく、妻の生活それ自体が改善されました。
妻に聞くと、ここまで来れたのはまさに内田さんのおかげ、とのこと。
単に鍼灸の治療をするだけでなく、施術時に親身になって相談を聞いてくださったそうです。
食事の際に毎回妻がスマホを操作しているので聞いてみると、
「内田さんに食事メニューを送っているの。アドバイスしてもらってるのよ」
とのことでした。他にも事あるごとに内田さんに相談しているようです。
単に治療をするだけでなく、生活面でもサポートしてくださっている。
内田さんのお陰で妻の人生が大きく変わったなあ、といつも大変感謝しています。
内田さんの鍼灸院の存在をもっと早く知ればよかった。妻ともどもそう感じています。

PAGE TOP