『巷では、イキイキしてないとダメな感じよね!ネガティブとご対面ブログ⑧』

 

ブログ1128日目


「パニックを経験&克服した鍼灸師が、
自律神経にいいことを
一緒に考えるブログ!」

札幌からあなたにお届け( ´ ▽ ` )ノ

▪️▪️▪️▪️

 

お灸のYouTube動画はじめました!⬇︎
お灸ができちゃう!チャンネル


▪️▪️▪️▪️

 

「ネガティブとご対面ブログ!」
このブログを書くきっかけ⬇︎

『ネガティブをこわがって逃げてると、
自律神経は乱れたまま!』

 

 

昨日は、
後ろ向き・前向きについて
考えました!⬇︎

『後ろ向き・前向きの新しい考え方してみた!』

 

 

 

今日は、死んでる!という
ネガティヴについて
考えてみたいと思います(=゚ω゚)ノ

(私、ときどき心が死ぬよ!w)

 

 

まずポジティブを感じるものに、
イキイキしてる!
っていうのがありますよね。

 

 

この言葉の逆は
何かなと考えてみたら、
死んでるかな?と。

 

イキイキって生き生きでしょ?
単純に考えると、
生きる→(逆)死ぬ

 

 

念のために
イキイキの反対語を調べてみると、
これだった!⬇︎

ぐったりか!

 

死んではいないのか。
死の直前∑(゚Д゚)

 

 

でも、ニュアンス的には、
死んでるの方がいい気がするな。

 

だって気持ちが死んでるときに、
「あ~ぐったりした~」
って言わないですもんね。

 

 

「死んでるわ~」
ですもんね(笑)

 

 

そもそもイキイキ
ポジティブに感じるのは
何ででしょうね?

 

生き生きの
生きるっていうことが、
そもそも良いイメージ
なんでしょうね。

 

 

で、逆に死ぬこと
悪いイメージ。

 

っていうか、
かなりタブー視されてる!

縁起でもないみたいな。
不謹慎みたいな。

 

 

だからよけいに
イキイキしてないとダメな感じが
するのかな?

 

でもこれでいいのかな?

 

 

死ぬことを堂々とふつうに
話せない環境って、
どうなんだろう?

 

 

よく自殺予防の宣伝って
あるじゃないですか?⬇︎

 

これ自体は悪くないし、
もしかしたら
防げるのかもしれませんけど、

 

 

こんなに死ぬことが
タブー視されてる中で、

いざ死にたいときに
死にたいって言えるかな?⬇︎

 

イキイキしてない
死んでる自分を人に出せるかな?

 

 

もし仮に死にたいと
言えたとして、

 

相手がイキイキを
大事にしてる人なら、

 

「死んじゃダメ!
命を無駄にしちゃダメだよ!」
って言うと思うんですよ。

 

 

でも辛いときにこういう正論を
言われたら、
きついと思うんだよな。

 

(実際に自殺を経験した人に
言われるなら納得できるけど)

 

 

やっぱり言うんじゃなかった!
ってなると思う。

 

 

こう考えるとふだんから、

 

 

自分のイキイキに
スポットを当てるのと

同じくらい、

 

 

自分の死んでる気持ちにも
スポットを当てれたら、
いい気がしません?

 

 

バランスが取れる感じがする!

 

死んでる自分の気持ちに
スポットを当てることは、

 

 

タブーでも、
不謹慎でもなくて、
負のオーラでもなくて、

 

 

なんだかわからないけど、
別に悪くないイメージ!

 

別に思ってることを
正直に言ってもいいよね(≧∀≦)

 


悪いことは1つもない!

 

 

でも中には、
自分の負のオーラを
出すのがこわい!

 


っていう人もいると
思うんですよね。

 

たぶん参考に
ならないんですけど(笑)

明日、私の体験談を書きます!

 

 

では、また明日!

 

◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎
・『女性専門』クリアはりきゅう院HP
ご予約、お問い合わせもお気軽に!⬇︎

harikyu-clear.com
・料金⬇︎
https://harikyu-clear.com/メニュー-2/
・ライン@でもご予約、お問い合わせできます!
(ラインで検索を!)⬇︎
line://ti/p/@vvl4178u

関連記事

  1. 『カラシも、ダメダメな私も使い方しだい♡パニック改善!』

  2. 『誘惑に負けるくらい好きなもので、パニック障害を改善!』

  3. 『布団から出れない!自律神経失調に大事な治療♡』

  4. 『あの人が羨ましい!キラキラしてる!見たくない!自律神経と心…

  5. 『あなたとお見合いみたいな、おしゃべりタイム②』

  6. 『不調が良くなってたのに、ぶり返した!自律神経の実体験から言…

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP