『ドライアイで出血で痛い!Yさんに合ったお灸のツボはどこ?』

 

 

札幌の女性専門♡

「心のストレスと
自律神経改善のはりきゅう師」
うちだじゅんこです♪

 

 

ブログ823日目♡

 

 

今日は、ドライアイで悩んでる
Yさんの質問に
答えたいと思います!⬇︎

 

 

この悩みの流れは、

ドライアイ→目の充血か出血→痛み
これですね(・ω・)ノ

 

 

 

目って起きてる間ずっと
開いてないといけないので、
絶対に乾きますもんね(´・Д・)」
これは、辛い!

 

 

 

まずですね。

 

 

注意事項があります!
よく目の疲れには
温めるといいっていいますけど、

 

 

 

充血や出血があるときは、
温めるとさらにひどくなることが
多いので、

 

 

温めない方がいいです!⬇︎


⬆︎ドライアイにいいツボなんだけど、
出血と充血なくなってから
使いましょう!

 

 

 

 

「目の出血を少なくするツボ」

 

 

 

Yさん自身は、
年齢(更年期)乾燥原因だと
思っているんですね。

 

病名は、結膜弛緩症(=゚ω゚)ノ

 

 

 

もし更年期が原因だとしたら、

 

 

ホルモンバランスの乱れから
自律神経が乱れて
交感神経優位になって、

 

涙が出にくくなってる
可能性があります。

 

 

副交感神経を優位にすると
涙の量が増えるので、

 

 

涙の量を
、
コントロールするツボ
お灸して潤しましょう!
太衝(たいしょう)⬇︎

 

※ブログが長くなるので、
ネットや本でツボの位置を
検索して下さいませ☆

 

 

 

続いて東洋医学では、
目の充血や出血はがある!
とみるので、

 

 

 

目の熱をとるツボにお灸しましょう!
行間(こうかん)⬇︎

 

 

あと結膜は東洋医学では、
場合によってはヒフとみるので、

 

ヒフを改善するツボの、
曲池(きょくち)⬇︎

 

 

あとですね。

 

 

実はドライアイにしても、
ものもらいにしても、
目やににしても!

 

 

 

目の症状を良くするために
必要なのが、
首肩こりのコリを取る治療!

肩甲骨あたりのコリ
そうね!

 

 

Yさんは
肩こりがあるので、
改善してほしいです(≧∀≦)

 

 

あと昨日の
しもやけ改善でも書きましたけど、

 

肩甲骨のコリは、
自律神経改善とも
すっごく関係してます!

 

 

肩コリを改善するツボ!

 

ピンポイントで、ココこってる!
って思うところがあれば、
そこにお灸して下さい!⬇︎

⬆︎背中は、貼るお灸がラク!

 

 

お灸セミナーでもやったように、

 

熱いところは効かないので
効くツボを狙って、
お灸して下さいませ!

 

 

それどういうこと?
どうやってやるの?

っていうかたは(=゚ω゚)ノ

 

 

2020年の1月と2月
札幌と名古屋でお灸セミナーるので、
一緒にチャレンジしましょっ♡⬇︎

https://harikyu-clear.com/news/1221-4/

 

つづいて!

 

首肩の血流との血流を
ダブルで良くするツボ!
合谷(ごうこく)⬇︎

 

 

さ!Yさんから聞いた症状を
考えながらツボを
ピックアップしましたけど、

 

 

実際に触ってないから
難しい!

触りたくてしょうがないわ(笑)

 

 

ていうことで、
ちょいと違ってたらお許しを♡

 

 

自分に合った効果ある
治療とお灸がしたい場合は、
一緒に治療しましょう( ´ ▽ ` )ノ

また明日☆

 

◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎
・『女性専門』クリアはりきゅう院HP
ご予約、
お問い合わせもお気軽に!⬇︎
harikyu-clear.com
・料金⬇︎
https://harikyu-clear.com/メニュー-2/

・ライン@でもご予約、お問い合わせできます!⬇︎

line://ti/p/@vvl4178u
札幌市北区北31条西11丁目1-1-101北斗シティA
札幌 南北線地下鉄北34条駅 徒歩13分
麻生駅は徒歩17分
ちょっと遠いけど、良いウォーキングの距離!
女性専門だから、安心!

関連記事

  1. 『徳島!うずしおクルーズにいい、船酔いのお灸!』

  2. 『スタバのオーツミルクとお灸で、パニック改善♡』

  3. 『薬が効かない頭痛!だるくて人に会いたくない!』

  4. 『天気が悪くなる前は、必ず具合が悪くなるんです。』

  5. 『おっさんずラブにハマり、目が疲れたときのお灸♡』

  6. 『しもやけのお灸のツボと、Kさんの原因を考える!』

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP