『ピルと不妊症の関係。30歳にはピルやめる!』

 

 

札幌の女性専門♡
「心のストレスと自律神経改善の
はりきゅう師」
うちだじゅんこです♪

ブログ657日目♡

 

テレビで、ピルが特集されてました(=゚ω゚)ノ⬇︎
ピルは今は避妊というよりも
生理痛や内膜症の治療で使われることが多いです。

ピルって生理痛がひどい女性にとって
救世主!
そしてピルは、女性ホルモンを調節するので
嬉しい副効果もついてくる魔法の薬⬇︎

 

 

ただ気になるのが副作用や妊娠への影響
これに対しては、
テレビで
女医さんが答えてくれました。

太る?→太らないです。
副作用ある?→あるけど確率少ない。
妊娠に影響ある?→影響ないです。

 

きっとこの番組を見て
ピルを安心して飲む人が増えたと思う。

でもな、これってちょっとリスキーだよな。
番組では、ピルでうまくいってる人の
話しかしてない。

 

この番組で話してたのは、
あくまでピルを飲む大多数女性たちの
平均的な話であって、
その平均値から出た女性たちことは、
話してないんです。

 

これはピルを処方してる、病院のサイトを見てもそう。
たまに書いてる先生もいますけど、本当に少ない。

確かにピルで致命的な副作用になることは、
少ないです。
だからもし副作用が出て不安なら、
すぐやめたらいいと思うんです。

私が一番問題だと思ってるのは、

妊娠の問題。

 

テレビでは、
ピルをやめたら長くても
半年あれば
排卵できるようになるから
妊娠は問題がないと言ってました。

これはあくまで一般論
そしてピルをやめる年齢を無視してます。

妊娠するチカラは、
35歳を超えると、全盛期の50%になります⬇︎

なので例えばですよ。
35歳で結婚をして
子供が欲しいからピルをやめたと。
このときに、ピルを長年使ってて
卵巣機能が低下して排卵できないことがあります。

 

番組では、半年で戻るって言ってましたけど
1年以上うまくいかないこともあります。
でもここの1年2年て大事なんですよ。
妊娠力が下がるから。
(実際にこういうお客さまが来てるため)

 

結局、こうなると不妊治療に移行します。

不妊治療は、身体的にも精神的にも
経済的にも時間的にも大変です。
経済的には、2年で平均140万円が平均の治療費です。
35歳を過ぎると、もっと高度な不妊治療になるので
もっと治療費はかかると思います。⬇︎

 

なのでいずれ子供が欲しいと思うなら。

早めにピルをやめた方が絶対にいいです。
35歳まで飲んでたらダメです。

 

ピルを飲んでても、何もなければいいですよ。
でももし、ピルが止めるのが遅くて、
排卵に支障が出たら後悔しませんか?
私ならきっとします。

なので安心を取るなら30歳には、
ピルをやめた方がいいと思います。
気持ちに余裕がないと、本当に辛いですよ。

 

ピルをやめたとき生理痛が戻る方がいます。
今こそ、ハリとお灸で良くしましょう!

根本から、
生理痛や内膜症を良くするんです。

生理を良くするということは、
健康な子宮と卵巣を作ること!
これは、
妊娠しやすい体にするのと同じですよ!

 

さ!生理痛は、薬じゃなくても
改善することが多いですからね!

では、また明日☆

◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎
『女性専門』クリアはりきゅう院
harikyu-clear.com

札幌市北区北31条西11丁目1-1-101北斗シティA
札幌 南北線地下鉄北34条駅 徒歩13分
麻生駅は徒歩17分
ちょっと遠いけど、良いウォーキングの距離!
女性専門だから、安心!
080-8855-0429(予約は、HPからも出来ます!)

関連記事

  1. レバー状の塊は、生理痛と不妊症のものさし!

  2. 生理痛女子!うっふん根こそぎパワだー!

  3. 生理痛改善→体外受精→安産灸→「出産。」

  4. 不妊治療が辛い。治療は楽しんで欲しい。

  5. 『生理痛と不妊症の関係。』

  6. 肥満だと妊娠しにくい?硬さ、痛さ、気持ちよさ〜

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP