当院のお客さまの、お悩みの声をお聞きください。

あなたも似たようなことで悩んでませんか?

・「食べる時間が遅いと、絶対に胃がもたれて眠れない。」

・「胃が痛い。もたれる。脂っこいものさけてるのにな。」

・「胃が弱い。旅行でもあまり食べれない。友人が気を使って辛い。」

・「便秘で切れ痔になった。もう嫌だ、トイレに行きたくない。」

胃腸の不調の原因、内田じゅんこはこう思う!

胃腸が良くならない大きな原因は、4つあります。

原因①食べ物や食べ方が合ってない、合わなくなった。

今まで何を食べても、たくさん食べても平気だった人もいると思います。ただ胃腸の状態は年齢とともに変わってきます。特に40才近くなる頃から、胃腸が弱くなったと感じる女性が多いです。

カフェインが入っている飲み物は、取りすぎると胃を痛めます。コーヒーをドリップで1日3杯以上飲んでる方は、一度3日くらいやめてみて下さい。もし改善するようなら、工夫してコーヒーを飲むようにしましょう。アルコールも飲みすぎると、胃の消化の働きがガクンと落ちます。このためふだんからお酒を頻繁に飲む方は、コーヒーと同じく工夫をしていくことが大事になります。また薬やサプリメントで胃が悪くなる方もいます。

原因②精神的なストレス。

胃腸は、精神的なストレスにとても敏感です。自分に合ってる生活や生き方をしていないと、胃腸の症状となって出てきます。このため生活習慣を見直すことも必要ですが、精神的なストレスを見直すことも必要です。精神的なストレスが原因でなるものに、胃酸過多や胃潰瘍などがあります。ただ難しいのが、精神的なストレスは自分で自覚できることもあれば、出来ないこともあるということです。

原因③体質的に胃弱。

小さい頃から胃腸が弱い方。ふだんからムリがかかると胃腸の症状が出やすい方がいます。

原因④自律神経の乱れ。

胃腸の働きをコントロールしているのは自律神経です。リラックスしてるときに、消化吸収の働きが活発になります。逆にリラックスが足りないと交感神経が過剰に働き、胃腸の働きが悪くなって、胃もたれや便秘、たくさんガスが出るなど胃腸の症状が出てきます。

交感神経が過剰に働く原因に、食べ物ではカフェインが代表的です。他にも体と心のキャパオーバーが続くと、自律神経が乱れて胃腸に影響が出てきます。

だから、この治療が必要なんです!

胃腸の不調は、この3つの原因を改善することが必要です。

●胃腸を強くする

●胃酸のコントロール

●自律神経の乱れ改善

●胃腸を強くする

体質的に胃が弱い方、年齢とともに胃が弱くなった方、食べ物や飲み物、薬で胃が弱くなってる方も、胃腸を強くしていく治療をします。胃腸につながるツボは、足の先から上にあがっていって、お腹、胸、首、顔、頭にあります。このツボの中からあなたに合ったツボを選んで、治療をしていきます。また胃が不調だと背中のコリになって出る場合があります。なんとも言えない重苦しい感じです。この場合は背中の治療も、丁寧にやっていきます。また肩こりと胃腸が関係してることもあるので、その場合は胃腸にいい肩の治療をします。

●胃酸のコントロール

胃酸が多いか、胃酸が足りないかでも治療が変わってきます。どちらにしても胃を正常に動かして改善していく治療をしていきます。

●自律神経の乱れ改善

胃腸に症状が出てる場合は、人にもよりますが背中の治療に力を入れて、自律神経を整えることが多いです。特に精神的なストレスから不調になってる方は、自覚をしてなくても体が全体的に緊張してます。この緊張をとることが必要です。緊張が取れるとリラックスしやすい体になるので、副交感神経が働きやすくなって、胃腸症状が改善されます。自律神経の話ではないんですが、便秘と下痢を繰り返したりお通じの問題がある方は、腰が冷えていたり緊張してる場合が多いので、腰やお尻なども確認していきます。

この3つの治療を総合的にすることで、このような結果につながります。

このようなお悩みを、当院で解消した方の声をご覧ください。

・「仕事が終わる時間が不規則で、遅くに食べると必ずもたれて、胃腸薬が手放せませんでした。今は22時すぎに食べても、もたれません。薬を飲むこともなくなりました。」

・「旅行が好きなんですが、胃腸が弱くて、移動のバスで酔ったり、慣れない食べ物で下痢をしたり、大変でした。旅行先でも胃腸にいいお灸をするようにしたところ、胃痛も下痢もならなくなりました。今では心から旅行を楽しんでいます。」

・「飲み会に行っても油物は食べれないし、お酒も控えてました。今は気にせずに好きなものを選んでます。胃が良くなると積極的に出かけるようになりました。」

・「足をケガしてから痛み止めの副作用で、胃痛に吐き気、お腹の張りが辛くて、鬱々としてました。胃も足の痛みも良くなって、本当によかったです。」

・「便がスルッと出るようになりました。1週間に2回しか便が出なくて、硬くてとても大変でした。それが今では踏ん張らなくても簡単に、お腹の痛みもなくスルッと出てくれます。」

あなたに伝えたいこと!

胃腸は健康の土台です。健康のものさしだと思ってください。実際に現代では免疫や健康状態と深く関係がある、腸内細菌が話題になっていますよね。それくらい胃腸と健康は関係があると認められている証拠です。私はこれとは関係なく、当院にくるお客さまの99%の方が胃腸になんらかの問題があるんです。そして胃腸を良くすると、他の症状が改善していくことから、胃腸は健康の土台だと思っているんです。また胃腸は東洋医学では、精神疾患や気持ちの落ち込みとも関係しています。ここでわかるのは、胃腸の改善は体と心の健康に必要だということです。

胃腸が本調子じゃなかったり、体質的に胃が弱い方はふだんから気をつけて生活をしてると思います。これはとても良いことだと思います。ただ私が気になるのは、少しでもムリをしたら不調になる不安から、自分がしたいことにチャレンジ出来なかったり、楽しめないこともあるんじゃないかなと。そして気持ちが悲しくなってないかなと。もしそうなら、胃腸を強くする治療をしてほしいと思います。みんなとご飯を楽しんだり、お腹が痛くなることを気にせず行きたいところに行ってほしいなと思います。まずは唐揚げを4~5個食べても大丈夫な胃腸を作りましょう。

私は子供の頃からすぐにお腹を壊したり、楽しいことがあると興奮して気持ちが悪くなる子供でした。体質的に胃が弱いんです。今でもストレスがかかると胃が固くなって、胃酸が上がってくるのがわかりますし、パニックの症状は出てませんが、食べ過ぎるとイヤな感じになります。体質的に胃が弱い方は治療をすることで、無敵な強靭な胃になることは出来ないかもしれませんが、それでも胃とうまくやっていきながら、楽しめる体になると思いますよ!私は胃に負担がかかりそうなインド旅行にも2回行きましたし、たまにですが、二日酔いになるまで飲めてます(笑)うまくケアをしながらやっていきましょう!

PAGE TOP