・ハリやお灸の刺激がヒフから脳に伝わって、自律神経の乱れを改善。
(このとき一緒に女性ホルモンの乱れも改善。)
自律神経の乱れが改善すると、
自律神経が管理してる全ての内蔵や血管などが元気になる。その結果、不調が改善。

・ハリやお灸の刺激が、ヒフから脳に伝わって、痛みを抑える『内因性モルヒネ様物質』というカラダに存在する痛みをとるモルヒネに似た物質が放出。これが脳に痛みを伝える伝導路に働きかけることで、精神的な緊張からきてたコリからくる痛みを抑制。結果。カラダの緊張が改善して血流がよくなって不調が改善。

・お灸の温熱効果で血流が良くなることで、カラダの緊張がゆるんでリラックス状態に。その結果、自律神経の乱れが改善。

・ ハリやお灸の刺激がヒフから脳に伝わると、交感神経を抑制。副交感神経が亢進。副交感神経の機能が亢進すると、カラダはリラックスモードになって筋肉の緊張がゆるんで血流増加、筋肉の中の疲労物質(乳酸)や発痛物質を洗い流します。結果、自律神経の乱れででてた痛みを軽減。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP