当院のお客さまの、お悩みの声をお聞きください。

「この肩こりどうやったら治るんだろう。整形、マッサージ、整体に行っても治らなかったしな。」

「どれだけ枕と布団にお金使ってるんだろう。相変わらず痛くて寝れない。」 

「このままだとマズイ。仕事ができない。」

「温めてもダメ。ストレッチもダメ。何をしたらいいんだろう。」

このようなお悩みを、当院で解消した方の声をご覧ください。

「肩と首が痛くて、下を向いて字が書けませんでした。今では、痛みがほとんどなくなって、事務仕事も前のように疲れなくなりました。」

「吐き気がするほど首が痛くて、あまりの痛みに眠れず、ご飯を食べるときも頭を支えて食べていました。整形に通っていましたが、良くならず悩んでいました。治療で徐々に改善していき、今は前のように、悩むような痛みはなくなっています。」

「鉛のような肩コリが辛く、リュックも背負えませんでした。今は肩コリレベルが、半分以下になっています。また、歩いたりストレッチすれば、自分でも改善できるようになってきました。」

「股関節が病んで眠れませんでした。ふとんを買い替えたり工夫していたんですがダメでした。今では痛みもなく眠れています。」

「座骨神経痛がひどく、つま先立ちができない、しゃがめない、片足で立てない。仕事がハードな飲食店のホールのため困っていました。5回の治療でほぼ改善し、仕事もスムーズにできるようになりました。」

結論!内田じゅんこはこう思う!

頑固なコリや、慢性的な痛みは、生活の質を下げますよね。痛みが気になることで、仕事に集中できなかったり、やらないといけないことや、やりたいことが制限されたり、痛くてイライラ、鬱々します。それが原因で人間関係に支障が出るのも、しょうがないと思います。なぜなら痛いから。痛みがあることで、本来のあなたの良さを出すのが難しい状態です。このままだとあなたの人生がもったいないです!痛みを改善して、人生の質をあげましょう!

痛みが起こる原因

痛みの原因は、大きく分けて3つあります。

1つ目は、体が歪みが原因の痛み。姿勢や出産などで、首や背骨、骨盤などが歪み、それによって神経が刺激されたり、筋肉が緊張して硬くなることで強いコリがうまれます。

他にも、ヒールで足首をよくひねって、足首がずっと痛いとか。事故でむち打ちにあって、10年たった今でも天気が悪くなると痛むなど。長年の頑固な痛みがある方もいると思います。

痛みがあると、体は痛みを避けようとするので、体に歪みがうまれます。長年の痛みが続いていればいるほど、痛みが波及してさらなる歪みをうんで、さらなる痛みを起こします。

このため、頑固な痛みがある場合は、波及した歪みを1つ1つ良くしていくことが、長年の痛みを改善する上で重要です。

2つ目は、内臓の不調が原因の歪み。女性に多いのは、胃が悪くて背中や肩にでる、重い痛みです。他にも生理痛や婦人科疾患があると、腰に強いコリがでやすいです。内臓の不調が原因の場合は、内臓を改善する治療が必要です。

3つ目は、自律神経の乱れが原因。

自律神経は、内臓や血管の働きをコントロールしてるので、自律神経が乱れると、内臓の不調から、コリや痛みがうまれたり、血の巡りが悪くなることで、冷えがおきて筋肉が硬くなり、治りずらい頑固なコリがうまれます。この場合は、自律神経の乱れを整える治療が必要です。

当院では、痛くない・熱くないハリとお灸を使って、上記のような原因を改善します。痛みがなくなると、体の緊張がとれてくるので、血流も良くなりますし、リラックスしてる状態になるので自律神経も乱れにくくなり、健康なカラダになります!

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP