あなたはどこに不調がありますか?

脳はあやつり人形みたいに、
自律神経という糸を操って、
私たちのカラダを動かしてます。

自律神経はどこに
繋がってるかというと、

あなたの体の中のあらゆる
内臓や血管と繋がっているんです⬇︎

自律神経は体の変化に対して
細かい調整をしながら、

あなたの体の健康を
維持してくれています。


ただこの自律神経の調整が、
うまくいかなくなるときがあります。


これが自律神経が原因で起こる
自律神経の乱れというもので、

不調の原因です。

これとは別に内臓などに原因があって、
不調になることもあります。
この場合は病院の検査でわかります。

あなたが病院で「異常なし。」
と言われた場合は、
この自律神経に原因がある可能性が
高いです。

あなたは交感神経と副交感神経、
どちらに偏っていますか?

交感神経と副交感神経の2つを合わせて、
自律神経と呼びます。


交感神経と副交感神経の2本が繋がって
動かしてる内臓などもあれば⬇︎

交感神経か副交感神経のどちらか
1本だけが繋がって、
動かしてる内蔵もあります。⬇︎

交感神経

あなたが仕事や家事をしたり、
緊張してるときや怒ってるときに
働く神経です。


血圧を上げたり、
脳や筋肉に酸素や血液を送って、
活発に動けるようにしています。

このため体温が上がって
汗をかいたり、
心拍数が速くなります。



逆に胃腸の働きは低下して、
消化はしなくなります。

副交感神経

あなたがリラックしてるときや、
夜に働く神経です。

血圧は下がり、
胃腸が良く動いて消化が進みます。

つま先や手の先、
内臓まで血が巡って、
全身が暖かくなります。


そして体の修復作業も
はじまります。

交感神経と副交感神経は、
どちらがいいとかダメとかではなく、
2つのバランスが大事です。


どちらか片方だけが働きすぎていると、
不調になります。



そのため理想的な生活としては、

昼は活発に活動して
交感神経を働かせて、

夜はリラックスして体を休めて
副交感神経を働かせる。


こういう生活ができると
自律神経が整いやすくなります。

自律神経の乱れで出る症状

たくさんあるため、ほんの一例です。

交感神経が働きすぎ

・胃腸の不調
(胃痛、もたれ、食欲不振、便秘)
・肩、首、背中のコリ、腰痛など
・冷え性
・動悸
・生理痛

※内臓疾患系が多いです。

副交感神経が働きすぎ

・やる気が出ない

※不調が良くなってくる回復期に、体調が悪くなるのを避けるために、家で安静にしすぎたままだと、この状態になることがあります。

女性ホルモンと自律神経

ホルモンと自律神経は、
切っても切れない関係です。


どうしてかというと、

ホルモンと自律神経を
コントロールしている場所が
同じだからです。(脳の視床下部)


このためどちらかの一方の
バランスが乱れると、
もう片方も乱れやすくなるんです。

わかりやすいのは、


更年期で女性ホルモンの
バランスが乱れると、

自律神経的な不調がいろいろと
出てきます。


これは女性ホルモンと一緒に
自律神経も乱れるからです。

感情と自律神経

「精神的なストレスが、
不調の原因の1つかも?」と、


少しでも感じている方は、
体の不調と一緒に
心の不調もケアしましょう。


怒ったり、悲しんだり、

緊張したり、うつうつ
イライラが長く続くと、
リラックスした状態が少なくなります。


この結果、交感神経が過剰に働きます。

体の中では血管が収縮して
血流が悪くなることで、
冷えやコリの原因になったり、


内臓の働きが悪くなることや
免疫が下がることで、
いろんな不調が出やすくなります。

自律神経を整えるためは、
自律神経に特化した
体の治療が必要です。

ただそれと同じくらい必要なのは、
自分の心の状態も知って、
自分に合った生き方をすることです。


私はこれこそが
根本治療だと思っていますし、
これをやるための
はりきゅう治療だと思っています。

ただこう言うのは簡単で、

考え方や習慣を変えるのは
けっこう難しいです。

このため当院では体の治療以外にも、

あなたが自分の心の状態を知って、
楽しくケア出来るきっかけになるような
プログラムを用意しています。

PAGE TOP